COVID-19(新型コロナウィルス)の影響と東京オリンピック その2

COVID19
スポンサーリンク

新型コロナウィルスの影響で2020年の東京オリンピックが開催されるかどうか。

日本は安心安全なオリンピック目指して頑張っていますというスタンス。IOCはそれを支持するスタンス。最終的に5月末で判断するとしている。

日本とはいったが、私は日本全体のマインドだとは思っていない。国民はおそらくオリンピックを開催している状況ではないのでは?と思っていると思う。

アスリート・ファーストを考えてるならなおさらだ。

※) ここではアスリートの命を守るという意味で使っています。

なぜJOCの森さんや橋本五輪相が「やるやる」言ってるかというと、それは「やらない」と言えないからだと思う。なぜ言えないのか? それは背後にスポンサーがいるからでしょうね。大金を投入しているスポンサーにオリンピックやめますとは言えないんじゃないかと。それと、ここまで会場の建設費をじゃぶじゃぶ投入して、いまさら使わないとは言えないというのも理由としてはあるかもしれない。さらに決定権のない日本がIOCより先に開催うんぬんを言い出すと、日本都合の決定になり、違約金でも払う契約になっているのかなと。

もう一つ2030年までの経済効果の20兆円がパーになるという話はあるらしいが、これは捕らぬ狸の皮算用なので、言っても意味をなさない。

無観客でやったらどうかという意見もある。この方法だと世界中のTVの放映権を持っているところは喜ぶだろうが、入場収入を期待している日本は損をする。なので無観客は想定していないなんて意見が出てくる。

オリンピックを開催する側の人間の本心はどこにあるんだろうな…..マネー・ファーストだったら悲しいね。

あ。それと東京はOKでも、世界中の予選はもっと早く始まり予選が中止に追い込まれれば選手さえ選考出来ないだろうし、マラソンをする札幌が終息状態でなければやっぱり問題ですからそこはしっかりと認識しておこう。

それにしても、COVID-19ってはやらない言葉だなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました