[自分の心と付き合う方法]五感を研ぎ澄ます(味覚編)

自分の心と付き合う方法
スポンサーリンク

心が不調になると、味覚がおそそかになりがちです。私もそうでしたが、食欲そのものがなくなって食べるのがめんどうになるのですから味覚以前の話です。

全ての家庭とはいいませんが、最近の傾向として個食があげられます。家族そろって食事をしないということが起きています。もちろん一人暮らしの人は個食になりますね。

これは私が実感したことですが、個食は駄目です。食べながらスマホで動画見たりするのももってのほかです。食事が栄養を満たすだけの作業になってないでしょうか?

いろいろな事情で個食にならざるを得ない方もたくさんいるとは思いますが、食事は誰かと会話をしながら楽しく、食べ物を味わいながらするのがいいですね。

私がこれを書いている時点では、もうすぐ食欲の秋が訪れます。秋の味を堪能しながら食べるのは本当に楽しいことです。

また、おいしい朝ご飯を用意する習慣をつけるのがいいと思います。心が不調になると、ベッドから起きられなくなるケースがあるので、朝ご飯を食べる楽しみで起きられるペースを作ります。

おいしいものを、味わいながらおいしく食べる。これだけで自分は元気になることができる要素の一つだと考えていて、実際そういう経験をしてきました。

元気になるために、味覚を刺激してあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました