自分の心と付き合う方法

スポンサーリンク
自分の心と付き合う方法

[自分の心と付き合う方法]喜怒哀楽にアクセスする(哀編)

喜怒哀楽にアクセスする第2弾です。 今回は「哀」。心が不調になっているということは、何かしら辛いことや悲しいことがあったからでしょう。その悪いことが忘れられず頭の中が支配されていると、心身にいろいろな不調をきたすことになります。そのよ...
自分の心と付き合う方法

[自分の心と付き合う方法]喜怒哀楽にアクセスする(喜/楽編)

心身が不調になると、症状だけに集中してしまい、周りのことが見えなくなるという話を以前しました。 自分の場合は同様に感情を出すことも億劫に思うようになっていました。笑ったり泣いたりすることがなくなったんですね。 最近、大きな声でお腹が...
自分の心と付き合う方法

[自分の心と付き合う方法]いいお医者さんと巡り合う、そしてお付き合いする

風邪で病院に行くなど、一時的なお付き合いは別として心療内科へ通うということは長くお付き合いするということになります。 ネットで調べたり、誰かから紹介されたり病院に出会う方法は様々だと思いますが、いい病院かどうかの見分け方及び病院との付き合...
自分の心と付き合う方法

[自分の心と付き合う方法]ブラックホールのようなもの

嫌なことが起こると、少しパニック状態になったあとに心の中に何か「ブラックホールのようなもの」が残る感覚になります。その感覚は嫌なことがあるたびに出てきます。 その「ブラックホールのようなもの」は真っ黒で嫌なことを思い出すたびに大きくなりま...
自分の心と付き合う方法

[自分の心と付き合う方法]五感を研ぎ澄ます(味覚編)

心が不調になると、味覚がおそそかになりがちです。私もそうでしたが、食欲そのものがなくなって食べるのがめんどうになるのですから味覚以前の話です。 全ての家庭とはいいませんが、最近の傾向として個食があげられます。家族そろって食事をしないという...
自分の心と付き合う方法

[自分の心と付き合う方法]五感を研ぎ澄ます(視覚編)

心が不調になると、視界がせまくなりがちです。私もそうでしたが、普段の生活の中で前を向いて歩くために前方の景色は目に入りますが、それ以外は目に入りません。 しかし、治療初期段階では気づきませんでした。気づいたのは何年か経ったときです。 あ...
自分の心と付き合う方法

[自分の心と付き合う方法] 受け入れる

現代はストレス社会です。多かれ少なかれ人間は、仕事や学校、家族関係、友人関係などでストレスに苛まれます。自分の生活の中では、おそらく仕事からストレスを感じることが多いようです。 強いストレスを継続して受けていると、ある日色々な形で身体から...
自分の心と付き合う方法

[自分の心と付き合う方法] 前書き その2

(前書きその1から続く) 今までの経験から何が書けるだろうか?と悩みます。元気になるまでのプロセスを書くのがいいのかとも思いました。しかし、なんかこうしっくりきません。 前書き1で復職支援プログラムに通ったと書きました。そこでは復職する...
自分の心と付き合う方法

[自分の心と付き合う方法] 前書き その1

自分は弱い人間です。 学生の頃は進学のプレッシャーに駆られ呼吸がしにくくなることがありました。若かったですからここは気合いで乗り切りましたし、呼吸がしにくくなったことも忘れてしまいました。 就職してしばらくすると自分は責任が強すぎるのか...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました