COVID-19(新型コロナウィルス)の影響と東京オリンピック

COVID19
スポンサーリンク

COVID-19(新型コロナウィルス)の影響で、東京マラソンの一般走者の出場が取り止めになりました。現状を考えるといたしかたなしというところでしょう。

東京オリンピックの開催は2020年7月24日 – 2020年8月9日です。その頃、新型コロナウィルスの感染範囲はどうなっているんでしょうか。ワクチンは開発されているんでしょうか。たくさんの外国人を招き入れて、新型コロナウィルスをコントロールできる状況なんでしょうか?感染者を増やしたときに主催や日本/東京は責任をとれるんでしょうか?

少なくとも新型コロナウィルスは日本に侵入しており、水際の段階はもう過ぎています。

リゾート船に人を閉じ込めて、感染者を増やしてしまうという愚策をしてしまう程、政府だけでなく、万人が何が正しいのかわからなく、正しい行動ができない状況でもあります。

もちろん東京はまだオリンピックの開催を諦めてはいないでしょうが、現状の感染状況やワクチンの開発状況をみる限り、この問題が収束するのは半年先とか1年先の単位でみていないと駄目な雰囲気を感じます。

一般市民でさえ、今旅行にいくのは控えて..とか飛行機など人が集まる交通機関には乗りたくない…などと言っている状況です。

盛大にオリンピックを東京でやってほしいという思いはあります。

しかし、今は主催及び日本/東京の責任ある決定を待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました