lightningについて考える

ガジェット
スポンサーリンク

外でiPhoneを使うには、相応の充電器とケーブルが必要です。

私が現在持ち歩いている充電器は、Anker PowerCore ACでして、これがまたちょうど良いサイズなんです。(相変わらずアマゾンでは在庫切れなのであしからず)

これと併せて持っていくケーブルを考えるのは、また至福の時であります。ガジェット馬鹿ですね。

iPhoneなんだから、lightningケーブルをというそこのあなたへのメッセージ…..

「今後買うケーブルは、USB type Cにしましょう」

2018年に発表されたiPadからはlightning端子が消え、USBtype Cになりました。概ね好意的に捉えられているんじゃないでしょうか?

理由は、USBtype Cは汎用性が高く、他のガジェットと連携が繋がりやすくなったことでしょうか。

例えば

  • iPadとiPhoneを繋げてiPhoneの充電ができる
  • iPadとデジカメが繋げられる
  • iPadと有線LANが繋げられる(未検証だがたぶん)

こういうことが、Apple純正アダプターなしにできることが素晴らしい。

で、iPhoneです。2019年モデルは?そうです!USBtype Cになることが予想されます。

もう、lightning製品は出てこないでしょうから、さっさとおさらばして、今後は汎用性が高いUSBtype Cのケーブルを買っておくのがいいと思います。

今のiPhoneの充電のために、安いUSBtype C→lightning変換アダプターをかましておいてLightningケーブルとして使います。

私はlightningケーブルを一掃するつもりでいます。そう、iPhone4Sまで使っていたドックコネクタケーブルのように。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました