レジ袋が有料化

つれづれに
スポンサーリンク

2020/7/1にプラスティック買い物袋の過剰な使用抑制を目的に、至る所でレジ袋が有料化されます。

何だか、これだけ開始前から色々な問題が噴出しそうな施策も珍しいですね。

例えばコンビニでは

  • いちいちレジ袋が必要か聞かれるの?
  • 自前のショッピングバッグには誰が物を詰めるの?
  • 物を詰めるのは何処で?
  • そんなことやってるとレジが行列になりますよ

大変なのは店員さんですよね。

汚いレジ袋を持ち歩いている人もいるだろうし、できればお客に物詰めをしてほしいと思っているはず。だけど、いきなり荷物を詰めるサッカー台なんて用意できない。(スーパーの荷物を詰める台のことを「サッカー台」という)

そもそも、企業側は強制的なレジ袋有料化施策に懸念を示したところもあるようなので、国から睨まれるくらいなら仕方なく実施しようか的なスタンスみたいですね。前途多難な感じ。環境や状況のことをしっかり考えている企業では、有料レジ袋有料化を延期したり、地球に優しい原料のレジ袋を用意して有料化をしないというところもあるようで、今後そういう前向きな会社で買い物したいと思いましたね。

プラスティック過剰使用のことでレジ袋だけが悪者になっていることが何だかなぁ。これでまた汚いお金が回ってそうだと思ってしまうのもこの政策がきな臭いところです。

いっそ欧米的に買い物袋を紙袋にしませんかね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました