旧健康保険証24年秋に廃止〜マイナンバーカード事実上義務化へ〜

つれづれに
スポンサーリンク

結論からいいます。やり方は別として、とてもいいことだと思います。

日本のDXは待ったなし。早くやらないと世界からどんどん取り残されて行きます。アナログに頼ったままではいつまでも人件費が減りません。税金の無駄です。

私はマイナンバーカードについては、住基カードの頃からのお付き合いです。その申請、更新、運用がスマートとはとても言い難い状況ではあります。そして、このカードが有効だったと思えることがe-Taxとコンビニでの住民票や印鑑証明の印刷くらいで、他にはありません。

マイナ保険証の読み取り機がもっと病院に普及すれば、便利になるでしょうか?運転免許が一体化すれば便利になるでしょうか?

所持するカードの枚数が減りますねだけの薄いメリットだけではダメで、もっとメリットが享受できるものでなければなりません。

ポイント付与でユーザを増やすというバラマキ的な普及促進でなく、本当に持っていて便利だなぁと思える機能が必要です。

それができれば、紙やカードなどの旧保険証を廃止して、半強制的にマイナンバーカードに移行させるような無理強いをしなくても自ずと普及率は上がっていくのではないでしょうか?

あとは、これが一番問題なのかもしれませんが、消えた年金問題くらいから綿々と続いている「国に情報管理を任せているとろくなことにならない」という疑念を晴らさないと…そういう人達はマイナンバーもマイナンバーカードも危ないものだと思ってるんでしょうからね。

あ、そうそう。現在の運転免許もマイナンバーカードに一体化したら廃止する方向でお願いしたいところ。両方残すのは維持コストの無駄ですからね。

P.S. マイナ保険証読み取り機ですが、停電やシステム障害などで一時的にも使えなくなることが想定されますので、そのあたりの対策も必要です。使えない間に患者に10割負担を求めるのだとすれば混乱が起きる可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました