空間オーディオでNETFLIXのDOLBY ATMOS作品を見た

Apple
スポンサーリンク

Air Pods Proを購入してからというもの、空間オーディオにハマっています。もともとそんなに期待していなかったのですが、iOS15やtvOS15で空間オーディオの対応範囲が広がり、スピーカーをたくさん配置するようなお金をかけなくても簡単に包み込まれるような音を体験できるようになりました。これはすばらしい。

同様なサービスはSONYでも360 Reality Audioでも実現していますが、こちらは元のフォーマットが独特(MPEG-H 3D Audio)すぎて対応コンテンツが広がって来ていません。対して空間オーディオはDOLBY ATMOSをフォーマットとしてバイノーラルな音響に変換したり、DOLBY ATMOSでなくてもそれなりに味付けして音を出してくれるので、ハード的にはApple製品のみの対応ではありますが、そこで展開している音楽や動画アプリが次々と対応してきています。ここへきてバイノーラル音響技術でもSONYさんの敗北の匂いがプンプンしてきます。

さてさて、検証のためには、DOLBY ATMOSフォーマットのソースが必要なのですが、今回はNETFLIXのプレミアムプランに申し込んでみることにします。サウンドバー(SONY HT-X8500)を検証していたときは、Apple TV+の作品を使っていたのですが、1年の無料期間が満了してしまったので、契約を打ち切ったのです(本当はモーニングショーの新作を見たいのですがやむなく..)。NetflixのDOLBY ATMOS作品も決して多いわけではないのですが、オリジナル作品を中心に、いい作品が対応していますので期待できます。

環境ですが、Air Pods ProをAppleTV 4Kに接続し、NETFLIXアプリで映画鑑賞してみます。いま、絶賛人気中の「イカゲーム」をチョイス。

感想:音響の立体感がすごい。左右はもちろん前後もしっかり聴こえます。まさに音に包まれている印象です。

現在、DOLBY ATMOSの音源をまともに聞こうと思ったら、スピーカーを周囲に何本も配置したり、高級なサウンドバーでも買わない限り包まれる音響は体験できないんですが、空間オーディオの力を借りることにより、やっとのことでお金をあまりかけることなく楽しめるようになったのはいいことです。

ただし、Netflixのプレミアムプランも1,980円とお高いので、もう少し楽しんだら、元のベーシックプランに戻すと思います。私の生活圏内では、いつもいつもDOLBY ATMOSベースの音が必要なわけではないんですよね。

P.S.

iOSアプリのinfuseも空間オーディオに対応したとのことで、AppleTVでインターネットから拾ったDOLBY ATMOSのファイルを鑑賞してみました。こちらもしっかり空間オーディオが効いていてすばらしい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました